ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL 【国内正規総代理店アイテム】 クリスマスファッション

ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL

O‐206‐BL,740円,インテリア・雑貨・寝具 , 温度計・湿度計,/loadage614707.html,www.alisterrobbie.com,温湿度計,ドリテック 740円 ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL インテリア・雑貨・寝具 温度計・湿度計 O‐206‐BL,740円,インテリア・雑貨・寝具 , 温度計・湿度計,/loadage614707.html,www.alisterrobbie.com,温湿度計,ドリテック ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL クリスマスファッション ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL クリスマスファッション 740円 ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL インテリア・雑貨・寝具 温度計・湿度計

740円

ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL

大きい文字が湿度と温度をはっきりと表示。

商品概要

●大きい文字が湿度と温度をはっきりと表示。
●遠くからも確認できるデジタル温湿度計です。
●最高温度(湿度)・最低温度(湿度)の自動メモリー付き。
●卓上で使えるスタンドと、壁掛け用フック穴が付いています。
●表示温度範囲:マイナス10度から50度、表示湿度範囲:25-98%。
商品名 ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL
型番 O‐206‐BL
メーカー ドリテック
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー発売日 2015年09月30日

商品の詳細規格

本体サイズ(H×W×D) mm 約138×95×25
本体重量 約146g
電源 単3電池1本
付属品 単3電池1本
測定範囲 温度:-10~50℃、湿度:10~99%
温湿度精度 温度: 0~40℃ ±1℃、その他の範囲 ±2℃/湿度:50~80% ±5%、その他の範囲±10%

ドリテック 温湿度計 O‐206‐BL

サイトマップ  |  スカーフリング スカーフ留め レディース スカーフ  |  English

フェイクレザー ハンドバッグ インナーポーチ ステッチ ショルダーバッグ ショルダーバッグ
 



■新着情報

2022.04.13 MOZA Slypod Pro 一脚兼電動スライダー SPD12を掲載
      山崎産業 テクノマーク U2用42ccインク 赤 AU203-001-8へリンク
2022.04.12 第21回みちのくウイルス塾開催のご案内へリンク
2022.03.19 日本微生物学連盟フォーラム「微生物の探索から生まれる技術」のご案内を掲載
2022.03.14 日本バイオセーフティ学会「第2回実験室バイオセーフティ専門家講習会」のご案内へリンク
2022.03.11 日本医学会創立120周年記念事業~日本近代医学創成から120年とこれからの120年~のご案内へリンク
2022.02.21 第8回バイオセーフティシンポジウムのご案内を掲載
      トラスコ中山 GS-110用スペアレンズ 5枚入 GS110SPへリンク
2022.01.19 2022年度日本ウイルス学会杉浦奨励賞受賞候補者の推薦についてを掲載
2021.12.20 2022年度日本微生物学連盟「野本賞」の募集についてを掲載
2021.12.17 【プチプラ/収納上手】ポケットトート トートバッグへリンク
      第69回日本ウイルス学会学術集会ホームページへリンク
2021.12.10 日本学士院第13回学びのススメシリーズ講演会「人獣共通感染症とは? —次の世界流行(パンデミック)にどう備えるか—」へリンク
2021.11.08 島根大学医学部微生物学講座助教の公募へリンク
    大阪大学免疫学フロンティア研究センターアドバンストポスドクプログラムへリンク
2021.11.02 国際原子力機関(IAEA)への職員派遣選考試験(外務省)募集要項 へリンク
2021.10.18 長崎大学感染症共同研究拠点研究部門 助教の募集を掲載
2021.10.15 国立感染症研究所治療薬・ワクチン開発研究センター研究員の公募についてを掲載
2021.10.12 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の野田岳志教授が令和3年度日本微生物学連盟「野本賞」を受賞しました。


■会員へのお知らせ

2022.04.13 シャツ メンズ ブランド シャツ
2015.09.17 学術集会発表時の利益相反開示について
2014.06.16 学会の英語ページ開設致しました(留学生の方々の入会も推奨致します)
2010.12.07 学会誌「ウイルス」全巻全号電子アーカイブ化の完了について
2009.12.01 学会誌「ウイルス」全巻全号電子アーカイブ化に伴う著作権委譲に関する告知について


Copyright(C)2020 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.

');